費用と効果

保険適応

口コミ

値段

ビタミンC

キャンペーン

ほうれい線

化粧品

ヒアルロン酸導入

サイトマップ

未来を変えるスキンケア

シミ取り皮膚科治療の費用と効果

皮膚科を訪ねる

ひと口にシミと言っても、種類がいくつかあり人によって違います。
シミに悩んでいる人は、まず自分のシミの種類が何か、また
何が原因でシミができてしまったのかを知ることから始めましょう。

原因を考える

一番大きな原因としては紫外線が挙げられますが、
他にも不規則な生活習慣などによる要因も考えられますので
自分で解決できないと思う場合はシミ取り治療を行っている
皮膚科に相談してみましょう。

シミ取り皮膚科では、主にレーザーを用いた治療により
年齢とともに目立ってきたシミを効果的に消す治療を行っています。

塗り薬などを用いた場合には、長期間の地道なケアが必要となりますが、
レーザー治療の場合には、1回の施術でも効果が得られるため
施術を受ける人が増加してきています。

治療で治す

シミ取り皮膚科でレーザー治療を行ったときの費用については、
シミの大きさによって料金が規定されることが多いようです。

一般的に5mm程度のシミの場合には、1回あたり5,000~7,000円程度、
10mm程度の場合には、10,000~20,000円程度が相場のようです。

施術後は紫外線にあたらないよう、しばらく入念なケアが必要になります。

1回の施術でほとんど目立たなくなる場合もありますが
シミがあまり薄くならないケースもあります。
こうした場合には、数回の施術が必要になることもあり
費用も施術回数分必要になりますので、注意が必要です。

 

シミの種類と特徴に合わせた対処法|老人性色素斑・肝斑・ソバカスの対策は皆違う!?

年齢を重ねた方に出やすいのが、「老人性色素斑」というタイプのシミで30代以降に現れることが多いと言われています。
長年、紫外線を浴び続けたことで起こるシミで、最初は薄茶色だったけれど時間の経過と共に少しずつ濃くなり境界がくっきりしてくるのが特徴です。

予防したり悪化を防ぐためには、原因となる紫外線から肌を守るケアが必要です。
日焼け止めを塗る・日傘をさす・帽子をかぶるといった紫外線対策を行いましょう。

また、シミの原因となるメラニン色素の排出を促すために、ビタミンCやL-システインといった成分を意識して摂取するのもおすすめです。
これらの成分を補うことで肌のターンオーバーが活性化され、シミの元となるメラニン色素の排出を促します。

30代以降に見られるシミには、このタイプ以外にも「肝斑」というタイプも有名です。
このタイプは主に頬骨の高い部分に輪郭がハッキリしない薄茶色のシミが、左右対称にできるのが特徴です。

おもな原因は女性ホルモンバランスの乱れと言われています。ケアは紫外線対策だけでなく、女性ホルモンバランスを乱さないよう、十分な睡眠をとる・栄養バランスの良い食事をするなど生活習慣の見直しが有効です。

シミと聞くと年齢を重ねてからできるというイメージがあるかもしれませんが、幼少期からできるのが「そばかす」です。
このタイプは遺伝的な要因で起こるケースが多く、5〜6歳の幼児期からでき始め、成長と共に増え続けるという特徴があります。

遺伝的なものなので確実に予防することは難しいとされていますが、日常生活でしっかり紫外線対策を行うことでシミが濃くなるのを防ぐことも可能です。

Copyright© 2019-2020 shimitori- All Rights Reserved.